MOBILE
qrcode
願望実現を阻止する「私」
やりたい事があるのに、

なかなかそちら側に進めずに、

同じ場所でぐるぐる、ぐずぐずしている人は

たくさんいます。


この原因は、私たちが、

「これまでの " 私 " を手放せない」

からです。



例えば、

「ひとりで1週間のエネルギーワーク旅行に行きたい」

と言う願望を持っているとします。


ですが、今まで

" ひとり旅 " も

" 長期宿泊 " も、

した事がない場合、

色んな不安な思いが押し寄せてきます。


「ひとりで大丈夫?」

「家族にはどう言えばいいの?」

「そんなにお金を使って大丈夫」


と言うような、

進む足をその場に凍りつかせる、

もっともらしい思いが、次から次に出てきます。


当然、

アルテミス・ガーデンの受講生の方の場合は、

すぐにエネルギー調整をされると思うのですが、

エネルギー調整が「終わった」と思っても、

少しすると、再び、

進む足を凍りつかせる発想が出てきます。


このような体験をして、

ずっと同じ不満のある場所で

留まっている方が結構いらっしゃいます。


これは、多くの場合、

エネルギー調整は終わっているのに、

その後、自分がエネルギーを落として、

元の位置に戻って、

「元の私」を使って、

ぐるぐると同じ事を考えて、

変化を止めているのですね。



エネルギー・バランサーをご存知の方は、

エネルギー調整が終わった時の状態は、

テキストや、実体験で知っています。


ですから、受講生の方が、

「エネルギー調整が終わった」と思えば、

「終わっている」のです。



ところが、

エネルギー調整が終わっても、

元の位置へと、

自分の波動を落として戻る事は、

低いエネルギーのマスターである私たちにとっては、

とても簡単な事なのです。


本当にわずかな波動調整で、

元の位置に戻り、

いま手放した「悩み」や「不安」を

手繰り寄せ、その中に入りこむ事は、

私たちにとっては簡単で、

そして何度でも可能なのです。



ですから、

何かの願望があり、

その現象化に対して「行動」が必要な場合は、

その「行動」を起こす事に付随する不要なエネルギーを調整して、

「調整が終わった」

と、思ったら、すぐに動いてください。


ここで動かずに、ぐずぐずしていると、

すぐに「元の私」が顔を出して、

私たちを、その場で

じたばたと足ふみをさせ続けます。



「やりたい事」を押さえ込むエネルギーがある場合は、

すぐにエネルギー調整をする。


そして、

エネルギー調整を終えたら、

何も考えずに、すぐに動く。


その行動により、

エネルギーが乱れたら、すぐに調整をする。


そして、

自分の望みにマッチする波動を抱いて日々を過ごす。



こんな風に日常生活を送っていくと、

大きな願望だと思える事も、

自然に、さりげなく現象化して行きます。


JUGEMテーマ:スピリチュアル



| エネルギーあれこれ | 21:01 | - | - |
" 念願 " を叶える
「ちょっとした願望はすぐに実現するのに、

 本当に叶えたい願望は、なかなか実現しない」

と、おっしゃる方が時々いらっしゃいます。


まず、

「本当にかなえたい願望」と言うのは、

「私の世界」全てが、

さりげなく動き続けた結果、

ある日気づいたら、

「ずっと望んでいた状態に自分が入っていた」

と、気づく事がほとんどです。



私を含め、

" 念願 " のような、

思いのこもった願望を現象化された方と言うのは、

まず、日々のエネルギーひずみを逃さず、

一切、そのエネルギーを受け入れずに調整をして、

「ブランク」+「波動調整」を

マニアック(無我夢中)に使いこなしてしいます。


日々、細々と願望を現象化していくと、

徐々に現象化できる規模が大きくなっていきます。


そして、

大小さまざまな願望を現象化をしていく中で、

気づくと、すっかり忘れていた

" 念願 " が実現していた、と言う人がほとんどです。
※ " 念願 " が形になり始めると、
" 念願 " を忘れます(気にしなくなる)。
これは "
念願 " のエネルギーに
近いエネルギーの中で生きるようになるので、
" 念願 " を望む必要がなくなるからです。




スカイプ受講生の方々にはお伝えしてある事なのですが、

今の時期は、エネルギーのうねりが低い位置で行われ続けます。

そのため、そのエネルギーを自分のものとして握って、

普段は気にしないような事に注目して

イライラしてしまう方が結構いらっしゃいます。



梅雨のエネルギーに捕まってしまった人は、

まずは、いったん現実構築はストップしてください。


そして、

細かくエネルギー調整を使い、

ご自分が使いやすい波動調整を使って、

日常生活を回していってください。


とにかく

エネルギーが乱れたらすぐにエネルギー調整をして、

波動調整に入る。


このスタンスを、

7月の中旬辺りまで夢中で頑張ってみてください。



7月の中旬辺りから少しエネルギーのうねりが落ち着きますので、

そこから、現実構築を再開してみてください。



" 念願 " にばかり意識を向けず、

大小色んな願望を現象化し続けていくと、

自然に " 念願 " は叶っています。


※エネルギーがある程度上がってくると、
環境のエネルギー干渉は受けなくなります。
ですから、
梅雨のエネルギーのうねりに捕まっていない方は、
普段どおりのエネルギーワークを実践してください。




引き寄せの法則を学ぶブログ

JUGEMテーマ:スピリチュアル



| エネルギーあれこれ | 19:41 | - | - |
現実が変わらない人
私たちの「現実」がなかなか変わらないのは、

「現実」の何かに入り込んでいる時間が

圧倒的に長いからです。



ですが、

私たちが「現実」の中に入り込んでいる時というのは、

完全に " 無意識 " です。



私たちが、

ぼんやりとして、意識を手放すと、

私たちは、無意識の内に、とても自然に

「現実」のエネルギーを拾って、

「現実」の中に入り込んでしまいます。



そして、

さんざん、現在の現実に入り込んだ挙句に、

「はっ」として、

エネルギー調整をしたり、

波動調整を再開します。



現実がすばやく変化する人は、

とにかくワークを

マニアックにやり込む人です。


1日中、

今、自分がやっている

エネルギーワークにばかり意識を向けていて、

現状について思いを巡らせる暇を、

自分に与えない人は、

現実の変化が速くて大きくなります。



「現実」が変わらない人は、

1日の中で、

現状を嘆く時間が大半を占めているのです。


波動調整を使いながらも、

現状を憂いたり、

嘆く時間が圧倒的だと、

" 焼け石に水 " で、

「現実」は少しずつタイトになってゆきます。


現状の不満点を細かく分析しても、

現状を嘆いても、悩んでも、

現状が改善される事はなく、

不満や不安が募るだけです。



本当に現実を変えたいなら、

絶対に現在の現実のエネルギーを使ってはいけません。


現在の現実のエネルギーが出てきたら、

エネルギー調整で消してしまってから、

波動調整に入ってください。



これまでのように、

気分をだらけさせて、

現実のエネルギーに浸かって、

1日の大半を不満、不安な気分で過ごさず、


気を引き締めて、

波動調整にきつくきつく意識を向けて、

1日の大半を過ごしてください。
※きつく波動調整に意識を向けるのは、
体を力ませる事ではなく、
意識を研ぎ澄まして
波動調整の実践を自覚する事です。




引き寄せの法則を学ぶブログ


JUGEMテーマ:スピリチュアル



| エネルギーあれこれ | 20:00 | - | - |
| 1/478PAGES | >>