MOBILE
qrcode
「好きな事」をした結果
オリエンテーリングと言う、

山歩きのスポーツがありますね。



このオリエンテーリングを、

私たちは、地球での人生を使って、

個々に、やっています。



私たちには、

個別に進む方向目的地が決まっており、

そこを、

「本当の自分」は、

意識し続け、目指しています。



オリエンテーリングでは、

手渡された地図を元に、

コンパスで方向を定めて進みます。


そして、私たちに、渡されている、

地図とコンパスと言うのは、

自然に湧いてくる、

「興味」、「好奇心」、「高揚感」です。


この心の磁力が強く働く事柄が、

コンパスの針が指し示す方向と言うわけです。


さらに、この、

気持ちがワクワクと引っ張られる感覚を元に、

移すと言う行為が、

オリエンテーリングの「ポイント」となるもので、

正しいルートを進んでいると言う証しとなります。
※オリエンテーリングでの、
通過スタンプを押した状態です。



「興味が出たことに触れる」と言うのは、

自分が芯から望む方向に進むための通過ポイントですので、

これはつまり、

「興味」が出て、何かをやり始めた時に、

その行為に対して、

「結果を意識する必要は無い」

と、言う事になります。



その「ポイント」を、

純粋な状態で、

通過することが必要なのです。



人生の中で出て来る「好奇心」、「ときめき」と言うのは、

求める方向に進む「道」の途中にある目印であり、

" 道しるべ " です。



その「好きな事」が、

人生の到着地点、

最終目的と言うわけではなく、

本心から目指す方向に、

まっすぐに進むための通過ポイントにすぎません。



ですから、

私たちに自然に湧きあがってくる、

「好奇心」や「好きな事」と言うのは、

結果を出すためのものではなくて、

「道」を進むために使うものと言う事です。



今の好きな事を、

何らかの得となる結果を引き出そうとするのではなく、

ただ、それを楽しんでいれば、

エネルギーは変化し、

次の「好き」に気がつきます。


この時に出てきた「好き」と言うのは、

その前の「好き」を、

純粋に体験していなければ、

気がつく事がないレベルの精神の目印です。



それなのに、

「好き」な事に気づき、

それに向かって進み始めながら、

それで何らかの結果を引き出そうと画策すると、

エネルギーはゆがみますので、

その場でぐるぐると、

エネルギーを煮詰めてしまい、

進む方向を狂わせてしまいます。



「好き」な事を始めて、

それで「お金を稼ぎたい」と思った時は、

まずは、

夢中で「好きな事」に取り組みます。


その中で、それでお金が稼ぎたいと言う、

自覚がその人にある場合は、

自然に、仕事に繋がるアイディアが浮かんできます。


「こんなサービスを展開してみよう」と言う具合に。




また、好きな事をやっていたはずなのに、

なんだか興味がなくなってきた時は、

それからいったん距離を取り、

自分のエネルギーを整えることに専念してください。


自分のエネルギーが乱れてくると、

自分の「好き」、「興味」の感度がぼやけてきます。
※エネルギーが乱れてくると、
自然に「抑圧」のエネルギーが出てきて、
感覚を狂わせてしまいます。


ですから、

自分の「好き」を見失った時や、

「好き」だった事に興味がなくなってきた時は、

外側を見回す事をやめて、

自分に意識を向けて、

エネルギー調整をして、

波動調整をして、

自分のエネルギーをリカバーしてください。
※「3日間で現実を変えるワーク」が、
一番、手っ取り早く、
エネルギーを整え上昇させることができます。




自分の好きなことに、

「結果を求めない」

と、決めると、

「好きな事」を、

子供の時のように、

純粋に楽しむことができるようになります。


すると、この「純粋な楽しさ」は、

波動を高め、

次のポイントである「好き」に、

「私」を連れて行ってくれます。



「好き」を、

ただ楽しみながら体験する状態が、

願望実現の過程を、

楽しんでいる状態となります。



「好き」のサイクルを断ち切る事なく、

ずっと繋いでいってください。


12本の鍵

JUGEMテーマ:スピリチュアル



| エネルギーあれこれ | 21:00 | - | - |
エネルギー変換Note
| 12本の鍵 | 18:38 | - | - |
「心配」のエネルギー
今の私たちは、

常に、何かを心配しています。


お金、健康、人間関係、仕事の運営状態、天候…。


心配していたことが、ひとつ解決しても、

すぐに、次の心配を、浮かび上がらせて、

不安を握ってしまいます。



これは、

実際に、あれこれたくさんの不安があるわけではなくて、

欠損のエネルギーを握っているだけです。


欠けている、

損なわれつつある、

そんな現実を作るエネルギーを、

ずっと握っているから、

そんな現実展開が、

出やすそうな「現実」を思って、

心を悩ませるのです。



ある現実に対して、

強い不安が出て来た時、

私たちは、

そのエネルギーではなく、

不安を感じるストーリーの方に、

強く意識を向けてしまいます。


つまり、

自分をほったらかしにして、

外ばかりを見て、

あたふたしてしまうのですが、

これをすると、

そのエネルギーは増幅してゆき、

自分が恐れていた現実は、

目の前に出て来てしまいます。



こんな時は、

落ち着いて、

テキストのステップ通りに、

エネルギー調整に励んでください。


おかしな現実が出て来た時や、

自分を痛めつけるような思考が出て来た時は、

とにかく、緊急に、

エネルギーの変換が必要です。



「12本の鍵」では、明日、

" エネルギーの変換ノート " と言う、

エネルギーワークをお渡しする予定です。


これは、名前どおり、

エネルギーを意図的に、

変換させるためのものなのですが、

これを、細かく使って行くと、

現実が、ひどく行き詰っている人でも、

徐々に、現実の圧が緩んでいきます。


1ヶ月も続けていくと、

「現実」のひずみがひどい人ほど、

はっきりとした変化を体験できるはずです。



「現実」がひずんでいない人も、

このノートを使い始めると、

ほとんどの方が、

1ヶ月とは言わず、

ずっと使い続けたいと感じるワークだと思います。
※「現実」がひずんでいない人は、
「現実」が、今まで以上にスムーズになります。


それだけ、はっきりとした効果と、

精神安定剤のような効能があります。



" エネルギー変換ノート " は、

どなたでも簡単に、

エネルギーを変換させられるものなのですが、

波動調整が、

すでに上手に使える人であれば、

波動調整だけで、

エネルギー変換はできます。


波動をピンポイントで扱った方が、

エネルギーの変換が早くて、

そして、エネルギーを濃厚に使えます。



心配するような現実が出た時は、

あれこれ心配をめぐらせる前に、

ただちに、

エネルギー変換にとりかかって下さい。


エネルギーが変換できれば、

もう、心配などする事はなくなります。

12本の鍵


JUGEMテーマ:スピリチュアル



| エネルギーあれこれ | 18:05 | - | - |
| 1/503PAGES | >>