SEARCH THIS SITE.
 

__*_*_*_

artemis.garden

__*HP

__*blog

__*_*_*_



第四密度の「ベース波動」
これからの私たちは、
子供時代の波動を使う必要があります。

子供時代の自己波動が、
第四密度世界のスタート波動になります。



第四密度に入ったものの、
その低い領域で、
うろうろしている人が、
現在かなり多くいるようです。


一刻も早く自己波動を整え、
第四密度のスタート波動である、
「チャイルド波動」に入る必要があります。


「チャイルド波動」に触れるためのワークは、
いろいろありますが、
一番簡単なのは、
「インナーチャイルドケア」です。


ただし第四密度で行う、
「インナーチャイルドケア」は、
決して痛みを通りません。

今の地球で「痛み」を通った、
インナーチャイルドケアを行うと、
インナーチャイルドを癒してしまうのに、
無駄に時間がかかってしまいます。



第三密度と第四密度では、
様々なことが違うのですが、

波動ワークにおいては、
とくに精神面のヒーリング法に、
大きな違いが出てきます。


第三密度では、
「痛み」を表に出して、
それを癒していましたが、

第四密度では、
その行為は不毛であり、
無駄な「痛みの体験」となります。
※このあたりの事については、
「セラピストbook」の中でご説明してあります。



とくに自分のインナーチャイルドが、
傷ついていると感じない人でも、
「インナーチャイルドケア」を、
自分に対して実践してみると、

実践するたびに心が軽くなり、
明るい気分が染み出してくるようになります。


「インナーチャイルドケア」の後に、
自然に染み出すように出てくる状態が、
チャイルド波動ですね。


その波動状態をまず自分に馴染ませてから、
そこから意図的な波動調整をしてゆけば、
第四密度の階段を、
どんどん上がっていく事ができます。
※第四密度の世界を上昇するたびに、
「魔法の世界」が濃くなります。




JUGEMテーマ:スピリチュアル



| 波動について | 20:17 | - | - |
「次々に開く波動能力」
波動ワークを集中的に実践されている方は、
“ 意識 “ がどんどん拡大し、
意識のレベルが上がってゆきます。

意識レベルが上がると、
当然、自己波動も上がります。

基本的な自己波動が上がると、
「現実」の質も向上します。


そして、
今まで閉じてきた能力のあれこれが、
開放され始めます。


集中ワークを実践されている方の体験で、
一番多いのは、
「はっきりと自覚できるテレポート」です。


例えば、

「インターネット接続サービスを、
間違えて解約してしまった」

と言うある方は、
自分のミスに気づいてすぐに、

“ Re.wave(エネルギー調整) “ をして、
“ 波動の維持 “ に入り、
その日はもう遅かったので、
そのまま眠ったそうです。

朝起きて、
接続サービスのマイページから、
「解約のキャンセル」をしようと思ったら、
「解約申請をしていなかった」そうです。

それで、
解約申請をした時に受け取ったメールを、
探したらしいのですが、
受け取ったはずのメールは、
どこを探してもなかったと言います。


それでも納得できなかった彼女は、
接続サービスに電話をかけて、
確認をしたそうなのですが、
「解約申請は受けてない」
と言う答えを得たそうです。


そこまで物理的に動いて、
はじめて、
「ああ、テレポートをしたんだ」
と、気づいたと言います。



集中ワークを1ヶ月以上続けると、
「現実」は軽いタッチで、
創造できるようになります。


すると、
今の自分が許せる幅で、
テレポートが簡単に、
できるようになります。



一定期間以上、
集中的に波動ワークを実践して、
波動情報を入れ続けると、
意識は必ず拡大します。



繰り返しになりますが、
意識が拡大すると、
今まで閉じてきた能力が開放されます。


一番最初に開放される能力は、
「テレポート能力」です。
※テレポートに気づき、
意図的に使えるようになる。



その後は、
その人が求める場所から、
次々に能力が開放されてゆきます。


例えば、

・意識を召還できるようになる。

・過去を創造できるようになる。
※過去を確実に創造できるようになると、
波紋的に「今」に影響を与える事ができます。

・チャネリングが出来るようになる。

・意識的にテレポートが使えるようになる。

・自然から情報を得られるようになる。

と言う具合に、
今まではそんなことが、
出来るとは思いもしなかったような事が、
自然にできるようになります。



このブログをご覧になられている方々は、
おそらく様々な波動ワークをご存知だと思います。

自分が知っている波動ワークを、
集中的に実践してみてください。


超集中プログラムである、
“ グラマラス ライフ 60days “ と言うのは、
強い意志があり、
その意志を継続させられれば、
一人きりでも実践が出来ます。


「強い意志」とは、
単なる「選択」の連続です。



JUGEMテーマ:スピリチュアル



| 波動について | 19:21 | - | - |
「自己の再神聖化」
現在一番波動の高いプログラムである、
“ 60days “ 実践の方の多くは、
「意図的な現実創造」よりも、
「自己意識の更新」 に、
強い関心を向けられています。


私たちの意識が、
第三密度に深く浸っていた時は、
夢のような「意図的現実創造」に、
並々ならぬ関心を持っていました。


ところが、
意識が第四密度領域に入ると、
今まで熱烈に関心を向けていた、
「現実創造」よりも、

「自己意識の更新」に、
純粋で強い関心を持つようになります。


つまり、
第四密度領域に入った人たちは、
「物質的なもの」よりも、
「精神的なもの」に、
強く惹かれるようになるのです。

精神を成長させてくれるような事柄に、
強い関心を持つようになるのですね。


もちろん、
物質的な状態も、
必要になるたびに現象化をして、
楽しむのですが、

今までのように、
望む状態を現象化することだけに、
夢中には なれなくなるのです。



第四密度に入り、
第四密度での、
生き方が自分の意識に馴染むと、
現実創造は、
少しの意識の集中で現象化します。


そのため、
第四密度に入ってしまった人は、
「現実創造が成功する」ことへの、
飢えが消えてしまうのです。


今まで飢えていた部分が満たされると、
満たされていない部分を満たす事に、
強い関心が向きます。

それが、
「意識の更新」であり、
「自己の再神聖化」です。



“ Life Art “ では、「現実創造」の、
あらゆるテクニックをお伝えしていますが、

“ 60days “ では、
隠されてきた秘密を、
ワークを通じてお伝えしています。

それらのワークを使う事で、
「自己の再神聖化」が進むようになっています。
※ “ 60days “ の場合、
ほとんどのワークと情報が、
エゴによって秘密にされてきたものです。

ちなみに、
隠されてきたのは、
その方法と、
そのワークのメカニズムです。

「意識の召還」、「過去の創造」は、
本当に長い間隠されてきたものです。




自分の意識が更新され、
「自己の再神聖化」が進むと、
今まで不可能だと教えられてきた、
さまざまな事が可能になります。


世界の全てが、
柔らかなものだと実感します。


「自己の再神聖化」において、
一番重要なポイントは、
自分のチャイルドエネルギーの発掘です。


様々なワークを使って、
自分のチャイルドエネルギーを見つけてください。
※「時間の魔法」まで進まれた方は、
「時間の魔法」を使ってください。

「過去の創造3」まで進まれた方は、
チャイルドエネルギーは、
意図的に作れます。


JUGEMテーマ:スピリチュアル



| 波動について | 19:33 | - | - |
「魔法の国で暮す」〜最後の鍵を開ける
私たちには、
小さな子供時代に閉じてしまった、
能力がたくさんあります。


ですが、
自分の全能性を閉じなければ、
私たちはエゴにはなれず、
エゴのシリアスな世界は体験できません。


エゴのなった人びとは、
世界はシリアスだと信じていました。

そのため、
エゴになった大人たちは、
子供が生まれると、

子供の全能性を力ずくで押しつぶして、
世の中の危険と制限を、
休む暇なく教え続けたのです。



“ 60days “ では、
子供時代に力ずくで閉じられた、
様々な能力を再解放するための、
テクニックをお伝えしています。

プログラムの後半は、
「時間を巻き戻すワーク」が、
増えています。
※「時間の魔法」、「過去の創造1,2,3」

これは 個人的な、
「チャイルド エネルギー」を、
思い出すためです。



第四密度の地球では、
個人こじんの、
「チャイルド エネルギー」が、
必要となります。

「チャイルド エネルギー」を基本として、
そこから意図的に、
自分の意識と波動をコントロールして、
様々な現実創造をしてゆく世界になるのです。


これは 外見的に、
「子供っぽく振舞う」
と、言うのとは違い、

「内面の子供らしさ(純粋さ)」を、
基本の性質として使うと言う事です。



“ 60days “ の中の、
「時間の魔法」を実践していくと、
すっかり忘れていた、
子供時代の自分のスタンス、
子供時代に自分が進んでやっていた事などを、
まざまざと思い出します。

完全に忘れていた事を、
ワークを介して、
はっきりと思い出すのです。



エゴになった私たちは、
自分が子供時代にやってきた、
「魔法の国」での暮らし方を、
すっかり忘れています。


ですが、
波動を落としすぎて、
その記憶の波動に、
触れられなくなっただけで、
完全に記憶が消えてしまったわけではありません。


自分の波動を上げてゆき、
さらに、
過去に繋がるワークを使えば、
「魔法の国を生きていた頃の自分」を、
はっきりと思い出すことが出来ます。


私たちの、
個人的な「チャイルド エネルギー」は、
個人的な「全能性」を解放するための、
最後の鍵です。


その鍵を開けると、
今までがんばってきた波動ワークが、
いとも簡単に使えるようになります。



JUGEMテーマ:スピリチュアル



| 波動について | 19:19 | - | - |
「第四密度」の生き方の始まり
第四密度の地球では、
「本音を生きる」事が基本となります。


「本音を生きる」と言うことは、
ずいぶん前から聞いている事だと思いますが、
それが実際にできている人はわずかです。


以前のブログに、
「生活の質を上げる」ことの、
有用性についてお伝えしました。
http://artemisgarde.jugem.jp/?eid=2111


「生活の質を上げる」ことは、
「本音を生きる」ことに、
まっすぐに繋がっています。



欲しい物や、興味のある事が、
あるのに、
「お金が減る」と言う理由で、

その時の自分の欲求を殺せば、
今現在の「私の世界」に、
とどまる宣言をしたことになり、

「今の私の世界」は、
少し波動を落とし、
見た目は今までと同じ状態が続きます。



私たちは、
自分にとって全く不可能な事は、
望みとして持ちません。


長く握り続けている願望とは異なり、
日常の中で自然に、
わきあがる欲求と言うのは、

どれもすぐに実現させられるものか、
少し背伸びをすれば、
実現させられるものばかりです。

そして、それらの欲求と言うのは、
「私の世界を拡大するため」に出てきます。



その日常の中で湧き出てくる、
「欲求」、「願望」を、
「お金」を理由にせずに、
「私」に与え続けてゆくと、

「私の世界」は、
小さな欲求を実現させるたび、
拡大してゆきます。


「お金」と言うのは、
どうにかして作り出すことができますが、

「好奇心」、「望み」と言うのは、
深いところから自然に湧き出すもので、
意図的に作り出すことはできません。

どちらが貴重で重要なのかは、
明白ですね

物質である「お金」の、
増減を気にするのでははなく、

自然に発生する、
「好きだと言う気持ち」
「欲しいという気持ち」の方を、
気にして大切にしてください。



本音で生きるためのひとつの練習として、
日常生活のあらゆる部分の「質」を、
少しでもいいので上げてください。

欲しいものがあって、
それが買えるのであれば、
「頭」で損得を考えずに、
すぐに買ってください。


今まで学んだ事を、
実際に使う時代に入っています。



JUGEMテーマ:スピリチュアル



| 波動について | 20:16 | - | - |
「私の羅針盤」だけを信じて生きる
“ 60days “ 実践中のある方のお話です。

先日、この方は、
会社の方から、
昇進のお話があったそうです。

ところが、
昇進した場合の自分をイメージしてみると、
楽しさを感じなかったと言います。

それよりも、
今の仕事状況を楽しみながら、
少しずつ仕事の形を、
望む形へとシフトさせていった方が、
ワクワクすると思ったのだそうです。

そこで、
昇進のお話を断ったと言います。


この方が選んだような、
選択ができる人は、
今でもまだ少数だと思います。


「本音で生きよう」と決めても、
今回の方のような選択が出てきた時に、
自分の本音のままに進む事は、
エゴとして生きてきた私たちにとっては、
かなり困難な事になっています。


どうしても、
エゴの損得勘定が出てきて、
私たちの「不安」を煽りますので、

その「不安」を消すために、
心に大きなわだかまりを残してまでも、
エゴとしての選択をしてしまう事が、
まだまだ多いと思います。



これからの地球では、
エゴの価値観を使えば、
とたんに、
現実はひずみ、意識も濁り、
それ以上先に進めなくなります。
※気持ちが付いてゆけず、
それをやり続けられなくなります。



これからの地球では、
まったく別の価値観を使って、
生きる必要があります。


「新しい価値観」と言うのは、
“ 自己波動 “ です。


何かの選択に出会った時は、
自分の波動を羅針盤として使い、
羅針盤の針が指し示す方を選ぶことが、
大変重要となります。

そのため、
自分の日常生活を使って、
「心にわだかまりを感じない方を選ぶ」
と、言う事を、
自分に徹底させる事が必要です。



自分の本音だけを採用して生きるという事は、
その選択に100%自分で責任を持つ事になります。


前出の “ 60days “ の方の場合、
昇進を断った時、

「これでよかったの? 
間違えた選択じゃなかったかな?」

と言う葛藤、疑問が湧いたと思います。


おそらく、
今回の彼と同じような選択をした人なら、
誰でもが抱く葛藤ですね。


この「葛藤」、「疑問」と言うのは、
自己信頼ができていないから出てくるものです。

自分の選択が、
「正しかったと信じ切れない」から、
湧いてくる思いなのですね。


ですが このように、
私たちの目を曇らせ、
心を惑わせるのは、
エゴの価値観の残り火です。


人工的なエゴではなく、
自然である「自分の本音」の方を、
信頼してください。


エネルギー調整をうまく使いながら、
自分の本音だけで、
人生を切り開き続けると、
エゴ完全に黙り込み、
消えてしまいます。


すると本格的な、
第四密度での人生の始まります。

※もちろん、
テレポートも理解して使い、
「自然」とも繋がってください。

第四密度仕様の生き方を、
包括的に進めてください。



JUGEMテーマ:スピリチュアル



| 波動について | 18:57 | - | - |
「テレポート」と「現象化」と「シフト」
「思考の物質化」を実践すると、
意図の現象化は様々な形で出てきます。
※ “ 60days “ と、
“ Guidance 90 “のワークです。



「思考の物質化」を実践すると、
意図したものを、
「誰かからもらう」
「当選する」
と、言うような、
昔ながらの現象化スタイルもありますが、

「なかったはずなのに、ある」と言う、
テレポートの要素が強く表に出る、
現象化スタイルもあります。


“ 60days “ の方は、
テレポート要素が強く出る方の、
現象化が多いようですが、

昔ながらの現象化スタイルも、
テレポートスタイルも、

どちらも、
「それがある場所」
「それを手に入れる場所」に、
シフトした結果です。



「思考の物質化」は、
“ 60days “ の最初の方に、
出てくるワークなのですが、

このワークは、
これからの私たちにとって、
現象化における重要な理解と、
実践力を磨く事ができる、
重要なものになっています。


そのため、
“ 60days “ では、
このワークを最初から最後まで、
レベルを変えながら、
実践していただいています。


「思考の物質化」と、
「過去の創造」を、
きちんと誠実に実践し続けた方は、

「現実を創る」と言うことから、
完全に気負いが抜けてしまいます。

そして、
気軽なタッチで意図を、
現象化できるようになってゆきます。



これまでに、
色んな方面からの、
現実創造の方法をお伝えしてきましたが、

お伝えした現実創造法を、
実用化させるためには、
その内容を正しく理解して、

自分が何をしているのかを知って、
その上でワークを実践する事です。



今は本当に簡単に、
意図が現象化しますので、
ワークの結果が、
確認しやすくなっています。


ですから、
「思考の物質化」や、
他の「現実創造法」を使って、
どんどん現象化の練習を重ねてください。


うまく現象化できなくなったら、
少し戻った場所で、
「現象化」にトライしてください。
※「思考の物質化」の場合、
最初のワークに戻ります。


JUGEMテーマ:スピリチュアル



| 波動について | 19:00 | - | - |
課題:「時間のトリック」から脱出する事
アルテミス・ガーデンのワークには、
「過去の創造」と言うワークがあります。
※ “ Glamorous Life 60 “ の
「過去の創造」は、
パーソナルプログラムの、
「過去の変換」とは異なります。


これがかなり繊細なワークなのですが、
このテキスト情報を理解して、
その上でワーク実践をして行くと、
私たちの「時間に対する観念」は、
完全に崩壊します。



第四密度の世界に入った私たちには、
第四密度の世界観を身につけるために、
急い書き換えなければならない、
観念や生活スタンスが多くあります。


その中の上位にあるのが、
「時間の観念の書き換え」です。


私の場合は、
「過去の創造」を使って以来、
“ 時間の観念 “ は完全に書き換わりました。

また、
“ Glamorous Life 60 “ 修了生の方々も、
「過去の創造」を超えて、
“ 時間 “ と言うものに、
縛られなくなっています。


「過去の創造」を超えると、
“ 時間 “ と言うのは、
コップやフォークのように、
必要な時のみに使うようになります。



「時間」とは幻であり、
ただの考え方のひとつである事は、
今では多くの人が知っています。


ですが、
それが腑に落ち、理解して、
「時間」を利用している人は、
今もまだ少数のようです。
※多くの人は、
まだ「時間」に背中を押されて、
毎瞬を生きています。



「過去の創造」のメリットは、
“ 時間のトリック “ から抜け出す事と、
「自己価値」を書き換えられる、
と、言う2点です。


「自己価値」が、
意図的に書き換えられたら、
使う波動のパワーは、
それ以前よりもずっと増します。


使う波動のパワーが増せば、
現実創造の精度も増し、
現象化への時間も、
よりいっそう短縮されます。


「時間のトリック」から抜ける方法は、
いろいろありますが、

“ Life Art “ などは、
「時間からの脱出」に関わる、
テキスト内容が多くなっています。


また、
“ 12本の鍵 “ でも、
「時間の幻想」について、
何度も触れていますので、
“ 12本の鍵 “ を受講された方は、
ぜひ、読み返してみてください。




お知らせ

現在、去年以降のブログを。
見やすいように整理しています。

そのため、
一時的に過去ブログが見られなくなっています。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、
少しお待ちください。


「12本の鍵」、「Life Art」、
「Glamorous Life 60」のブログは、
お渡ししてあるパスコードでご覧いただけます。



JUGEMテーマ:スピリチュアル



| 波動について | 18:45 | - | - |
「自然」と繋がって生きる生き方
やっと私たちの滞在場所が決まり、
全てが動き始めます。


ここからは、
柔らかで、
スピーディーな現実が始まります。



「上がる地球」に居る私たちは、
ここから先、エゴの理論は、
一切、使えません(通用しません)。


エゴ理論で物事を選ぶと、
すぐに行き止まりに着きます。


今までのように、
エゴを使えばつかうほど、
どんどん狭い世界観へと、
入っていくのとは異なり、

今は、
エゴ理論を使えば、
すぐに行き止まりになります。
※それ以上エゴとして振舞えなくなる。




「エゴ」とは人工物なのですが、
四次元密度で生きる私たちは、
あらゆる場面で、
「人工」ではなく、
「自然」を選ぶ必要があります。

これを常に意識して、
正しい選択を重ね、
それを自分の中の、
常識として確立させる事が必要です。



そして、
先日のブログにも書きましたが、
「自然との再接続」です。


旧古代人たちは、
自然と繋がっていました。

ゆえに、
居・食・住が、
自然に沿ったものであり、

自然の精霊が、
存在するとわかっていました。


そして、その精霊(自然界)たちから、
必要な情報を、
必要ごとに得ていました。



私たちの在り方を、
この時の状態に戻す必要があります。


旧古代人たちは、
ダークエナジーに、
魅せられて落ちてゆきましたが、

今の私たちは、
ダークエナジーの世界を抜けて来ていますので、
再び、そこに落ちることはありません。



自然との再接続に関連したものは、

“ アルテミス通信バックナンバー “

「花とフラワーエッセンス」
「聖水の作り方」


“ Life Art用ブログ “

「エネルギーを保存する」
http://artemisgarde.jugem.jp/?eid=1692
2018.11.12


“ Glamorous Life 60 “

「エレメント・ワーク」
「plant 瞑想」


このあたりのワークや理解が、
自然と繋がるために役立ちます。
※ “ Glamorous Life 60 “ の中の、
「エレメント・ワーク」と、
「plant 瞑想」は、
直接、自然と繋がり、
そこから情報を得ます。




あらゆる場面で意識的に、
「人工」よりも、
「自然」を選びながら、
「自然」との再接続を目指してください。


何も侵さず、
誰も何も犠牲にならず、
全てが平等に「共存する」と言うのが、
“ 第四密度の生き方 “ です。


JUGEMテーマ:スピリチュアル



| 波動について | 19:17 | - | - |
「波動の葛藤」
今、一番多いご相談は、
「ご両親の波動の低さ」についてです。

自分が毎日がんばって、
自己波動を上げようと努めているのに、

「両親がそれを、
台無しにするような事を語ってくる」

と、多くの方が悩んでいらっしゃいます。


まず、ここで知っていただきたいのは、

「両親の波動について悩む」と言う、
今まででは考えられなかった悩みに、
到達している点です。


今までは、
現実であった事に一喜一憂して、
悩みといえば、
物理的なことが100%でした。


ところが今は、
多くの方の悩みが、
「波動関連」になっています。


物理的に確認できませんが、
私たちの波動は、
過去にないほどに上がっており、

私たちが持つ問題さえも、
波動が上がっているのです。


まず、ここを理解しておいてください。
※自分の波動が上がっているという自覚は、
とても大切です。




両親の波動を上げるための方法は、
こちらが両親の波動域に降りない事です。


そして、
今の自分の本音をムキにならず、
落ち着いて話す事です。


これをあきらめず、
相手の波動に負けずに続ける事で、
どうしても関係を続ける必要のある相手の場合、
※家族など。

相手がこちらの波動域に上がってきます。


また、
それとともに、
両親の波動を癒し、
かつ、遠隔で波動を上げてあげると、
スピーディーに波動域を上げることができます。
※最近、実践を始める方が多い、
セラピスト bookですが、

こちらのbookは、
エネルギー調整と、
波動調整がわからないと、
理解しづらい内容となっています。




波動を上げる際、
「家族」が最大の難関ですので、

家族との間の「波動の葛藤」を、
クリアできたら、
誰との間の「波動の葛藤」であっても、
簡単にクリアできるようになります。




JUGEMテーマ:スピリチュアル



| 波動について | 18:45 | - | - |
| 1/30PAGES | >>