MOBILE
qrcode
<< 元のフィールドに戻らない選択 | main | 「最強の波動」 >>
「1分半」で現象化
あるユニバース・クラスの方が、

1分半程度の波動調整で、

意図を現象化されて、

「この体験は何ですか?」

と、ご自分の体験に戸惑っていらっしゃいました。


ユニバース・クラスの彼女は、

何かを「 現実構築 しよう」と思って、

波動調整を使っていたわけではありません。


別のエネルギーワークをした結果、

「ある現実」が出てきて、

「その現実」が出たことが不思議で、

その後も、何度か同じワークをすると、

いつも同じ「現実」が出たのだそうです。



それで、

「これはどう言う事ですか?」

と、言う、私への質問となったのですね。



この方は、

意図せず 現実構築 を実践されています。


そして、

この方が使ったのは、

意図的な「波動調整」と

無自覚の「Plan・B」です。



このユニバースの彼女は、

エネルギー調整も、

波動調整も、

どのワークも集中して実践されてきた方です。



そのため、

「意識を集中させて使う」

と、言うスキルが

とても高くなっています。


さらに、彼女の場合、

「 現実構築 しよう」と言う意思が

全くなく、

ただ意識を集中させて、

エネルギーワークを実践していました。
※この結果、エネルギーを一切、
ブラさずにエネルギーワークが出来ています。



そして、

無自覚ではありますが「Plan・B」も併用した事で、

濃厚な「波動調整」と

「Plan・B」の融合による

「現象化」が

1分程度で現れたのですね。



「Link」や、

「switch」での” 現実構築 ”

あるいは、

「基本の 現実構築 」で

指示している実践時間と言うのは、

意識を集中させてワーク実践をすると、

現象化する時間です。


本当は、テキストでお伝えしている時間の

エネルギーコントロールで、

望む現実は、現象化されるんです。


ですが、昨日のブログに書いたように、

私たちは、「 現実構築 」を実践しても、

その後、

日常のエネルギーへと降りていってしまいます。


これを阻止するのが「波動調整供廚筺屮屮薀鵐」ですね。
※バニッシュ・プログラムの「デリートワーク」なども有効です。
「波動調整供廖棔屮妊蝓璽肇錙璽」が最強です。




今は、

すでにしっかりと来年のエネルギーに入り、

場のエネルギーがとても高くなっています。


そのため、

3分程度の集中した波動調整で、

意図は現象化します。


観念がありますので、

一気に「無」から「有」は出現させられませんが、

それでも「有」への展開は、わずかな時間で始まります。


特にユニバース・クラスの方々は、

様々な「波動」を知っています。


その「波動」を

意識を集中させて使い、

その後は「現実」に戻らない選択を続ければ、

本当にびっくりするくらいあっという間に、

意図は現象化します。
※「不可能だ」と思える「現実」も
出す事が出来るようになります。



本 パーソナル・プログラム


引き寄せの法則を学ぶブログ

JUGEMテーマ:スピリチュアル



| universe・class | 18:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 18:27 | - | - |